炭素鋼・合金鋼


主な材質:S50C、SK、SCM、SNCM、等
特徴:強度を求められる部品で多く用いられる。
主な用途:一般工作機械、農業機械、自転車部品等

ステンレス鋼


主な材質:SCS13/14、SUS303相当品、等
特徴:耐腐食性に優れる為、使用環境の厳しい部位に
使用される事が多い。
主な用途:自動車、食品機械、航空機、車輪等

アルミニウム合金


主な材質:AC4C
特徴:比重が軽く加工性も良い。外観部のケースや放熱板
に使われる場合も多い。
主な用途:フレーム・ケース類、電子・通信機器

その他


主な材質:CAC502A、Co合金、等
下記材質一覧に無い材質もお気軽にご相談ください。


鋼種 種別 相当規格 機械的性質 備考
JIS 外国規格 熱処理
引っ張り強さ
kgf/mm2
伸び
硬度
ロックウェル
炭素鋼 1%Sife   AMS 5210         高導磁性 磁性材料
S15C *(S15C) AISI 1015 Q900 Q780 T180 55 30 35B [Carbon Steel]鉄Feに、炭素Cだけを0.02?2.0%含む鋼。炭素量0.02?0.2%の鋼を低炭素鋼、炭素量0.3?0.5%の鋼を中炭素鋼、0.5?2.0%の鋼を高炭素鋼と呼んでいる。低炭素鋼は切削性、冷間加工性、溶接性が良好。中炭素鋼は冷間加工性、溶接性はやや劣るが、焼入れ/焼戻しを行うことで強度と靭性を兼備した強靭性が得られる。高炭素鋼は焼入れ硬化性がさらに大きくなり、工具類に使用される。特に炭素量1%以上の鋼は炭素工具鋼SK材として別に規定されている。鋼中の炭素量による特性の変化を利用し用途・目的に応じて幅広く適用される鋼種。
S50C *(S50C) AISI 1050 A
Q850 T600
55
80
30
18
87B
23C
炭素工具鋼 SK3C *(SK3)   A     <96B [Carbon Tool Steel]炭素Cを0.6?1.5%の範囲で含有する高炭素鋼で、不純物以外の合金元素は他に添加しない。工具需要の約60%を占める代表鋼種。
合金工具鋼 SKS3C *(SKS3)   A     <96B [Alloy Tool Steel]炭素工具鋼にCr,Mo,V,Si,Mn等を添加した合金工具鋼。添加合金元素の効能により、鋼種それぞれに耐摩耗性・耐変形性・耐衝撃性・耐熱性の用途向け改善が施されている。
SKD11C *(SKD11)   A     <96B
SKD61C *(SKD61) AISI H113 Q1000-1050
T540-650
    >53C
ニッケルクロム
モリブデン鋼
SNCM420C *(SNCM420) AISI 4320         SNC鋼にMoを添加することにより焼入れ性が極めてよくなり、焼戻し脆さが著しく緩和されている。最優秀強靭鋼。
クロム鋼 SCr445C *(SCr445) AISI 5147 A
Q850 T600
110 25
12
90B
34C
Cr添加の効果:焼入れ性、耐食性、耐熱性、焼戻し抵抗増、耐酸化性、耐摩耗性の向上。粘り強い鋼。
クロム
モリブデン鋼
SCM415C *(SCM415)   A
Q880 Q850 T180
90 17 85B
26C
焼入れ性が良く、焼戻しに対する抵抗も大きく、焼戻し脆さの傾向も少なくなる。鍛接、溶接性、粘り強さも増大され、仕上がりも美しくなる。
SCM440C *(SCM440) AISI 4140
AMS 5338
A
Q850 T500
   T600
   T650
   T700
70
135
110
100
90
24
6
12
15
17
90B
41C
34C
30C
26C
耐熱鋼 SCH13 SCH13 AISI 309   >50 >10    
高炭素クロム
軸受鋼
SUJ2C *(SUJ2) AISI 52100 A
Q850 T600
75
120
20
4
95B
35C
炭素Cが1%、Crが1?2%の汎用軸受用。価格が低廉で、被削性、焼入れ性、耐久性に優れている
ステンレス鋼 SCS2 SCS2
*(SUS420J1)
AISI 420 A
Q980 T750
>60 >18 20C マルテンサイト系ステンレス鋼。
強度と耐食性を必要とする一般構造部品用。
13Cr鋼の基準型。焼入れ後高硬度が得られる。
SCS2A *(SUS420J2) (AISI 420) A
Q950 T200
    20C
45C
SCS2より炭素量を多くしている為、焼入れ後さらに高硬度が得られる。
SCS13 SCS13
*(SUS304)
AISI 304 S1100 急冷 >45 >30 <90B オーステナイト系ステンレス鋼。
18Cr-8Niの代表鋼種。鋳造性、耐食性、溶接性が良好。
SCS14 SCS14
*(SUS316)
AISI 316
AMS 5360
S1100 急冷 >45 >30 <90B Moの添加により、SCS13より耐食性、耐酸性が良好であるとともに高温強度が増大している。
SUS303C *(SUS303) AISI 303 S >45 >30 <90B (HB<187)
S・Pの添加により被削性を改良。耐焼付性を向上させたオーステナイト系ステンレス鋼。しかしSCS13に比べ耐食性は劣る。
SUS440C *(SUS440C) AISI 440C
AMS 5352
A
Q1050 T180
    27C
>58C
マルテンサイト系ステンレス鋼。
焼入れ後の硬度が高く、耐食性と耐摩耗性を兼備する。硬度ではSUS440Cがステンレス鋼中最高硬度。
Al合金 AC4C AC4C Alcoa 356
SAE 323
AMS 4260
T6 >23
>21
>3
>3
  (HB 約85) 金型試験片
(HB 約75) 砂型試験片
Al-Si-Mg系。
鋳造性が優れ、耐圧性、耐食性も良い。
Cu合金 CAC502A (PBC2)           リン青銅鋳物2種
耐摩耗性と耐食性が良い。
Co合金 ステライト12             理美容鋏に多く用いられる。

※括弧内は圧延品規格 TOP▲