寸法・精度

1.寸法公差

寸法範囲 一般公差 限界公差
0?10 ±0.25 ±0.1
10?25 ±0.15
25?50 ±0.4 ±0.25
50?75 ±0.8 ±0.4
75?100 ±0.5
100以上 ±1% ±0.5%

弊社では寸法の精度を確保するため、「一般公差」を設けています。
「一般公差」より精度が必要な場合は、金型を修正することにより、「限界公差」まで精度を上げることが出来ます。
ただし、一つの製品に「限界公差」の精度が必要な箇所が多いとコストがかさんでしまいます。


2.角度公差

角度 一般公差 限界公差
α ±30’ ±20’
β ±2° ±30’
γ ±2° ±1°


3.平面度及び真直度公差

長さ 一般公差 限界公差
25未満 0.2 0.1
25?50 0.4 0.15
50?100 0.6 0.25
100?150 0.8 0.40

平面は面積の大小、肉の厚薄に応じて凹む傾向がありますが、
特に大きな肉厚部品以外本表の値はこれを含みます。


4.最少肉厚

  一般 条件の良い時
鉄系合金 1.30 0.5
非鉄合金 1.00 0.5

表面積、形状にもよりますが、全体的な厚みは2mm以上を希望します。
上記の表は部分的に可能な肉厚です。

設計

1.大きさ、重量の制限

  望ましい範囲 出来る限度
重量 3kg以下 20kg以下
寸法 H150×W150×D250 H350×W450×D450
 

2.表面粗さ

6?18S

3.溝

?>2Wの時 d≦2W(ただしW>3.0)
d>2Wの時 ?≦2W
最少溝巾1.3(ただしd<1.0)

4.穴


止まり穴
2.0≦D≦5.0 H≦D×1.0
5.0<D≦10.0 H≦D×1.5
10.0<D H≦D×3.0

通し穴
2.0≦D≦5.0 H≦D×3.0
5.0<D≦10.0 H≦D×5.0
10.0<D H≦D×6.0

5.ロストワックスの設計


滑らかに肉厚を変化させる

均一な肉厚にする      内角にRを付ける

シャープエッジを避ける

局部的な肉厚部を避ける

重量軽減逃げ、打痕防止R付け
 

ゲート位置から末端に行くに従い肉を薄くする

型抜きを簡単にし、中子ワックスを使わないと
金型代・コスト面で有利です

ゲート面は曲面より平面の方が
品質・コストが有利です
加工逃げ
R≧0.5
W≧2R
U≦W/2

横に鋳型補強穴を設けると
スパンの長い穴が開きます

巾が狭く深い溝には横穴を開けることが必要です
TOP▲